外壁塗装の色選び方法

by author



外壁塗装を検討している人に、最適な色選びのポイントを紹介します。
色というのは、たとえ同じ色でも見る角度や周囲の景色、季節ごとの日差しなどによって全く違う印象になることがあります。

壁紙の模様などもそうですが、いざ外壁塗装となると、やり直しはきかないので失敗は出来ません。

鮮やかな色というのは、周囲との差が協調されて緊張感のある景観になりがちです。



一軒だけを見た場合は、よく目立っていいのですが、住宅地などでは浮いてしまうのでなるべく控えた方がいいです。



そして、周囲の植栽や芝生などの緑がある場合も、植物の葉よりも抑えた色を使うと、緑が引き立ちます。

次に、色の明るさですが、あまり色が暗いと建物に威圧感を感じることがあるので、近隣の家の色使いなども見ながらイメージする必要があります。

また明るすぎる色も、周囲との調和を考えると避けたほうが良いでしょう。少なくとも向こう3軒両隣までの家とは調和を図ることを意識した方が良いでしょう。また、汚れや経年劣化が目立たない色というのも、ポイントです。

自動車などもそうですが、黒や白というのは汚れが目立ちやすい色です。



また、鮮やかな色ほど色あせやすくなっているので、落ち着いた色を選ぶのが良いでしょう。

施工業者が持ってくる外壁塗装用のカタログサンプルでは、物が小さくてなかなか完成形のイメージが出来ず、また小さいほうが暗く見えてしまうので、必要以上に明るい色を選んでしまいがちなので注意が必要です。