外壁塗装を行う時に注意する点は?

by author



外壁塗装を行う場合、近所の人へ挨拶をすることは絶対に欠かすことは出来ません。

外壁塗装をするためには足場を組む必要がありますが、その場合の騒音やトラックの出入りなど、近所の人に迷惑をかけてしまうことを事前にお詫びしておく必要があります。



また、外壁塗装を行うと、風向きによっては塗料が他の家の車や洗濯物などにかかってしまう可能性があります。

そのため、外壁塗装を行う日程を伝えて車の移動をお願いしたり、洗濯物を外に干さないようにしてもらう、場合によっては近所の家にも養生をして塗装がつかないようにする必要もあるため、その旨の連絡を工事にかかる前にしておく必要があります。これを怠ってしまうと、以降の近所づきあいに支障をきたしてしまう必要があるため、工事の1週間~3日ほど前には挨拶を行っておきたいものです。

また、あいさつに行く際には少額で構わないので、お菓子やタオルなどの手土産を持っていくようにしましょう。



その際には工事の期間や行う時間帯などを伝えるようにしましょう。

また、家の立地条件によっては、道路が狭くなって通行の規制を行わなければならないこともあります。
その際には近所というには少し離れていても、通行の邪魔をしてしまう家にも、外壁塗装を行うことで通行に迷惑をかけてしまうことを伝えておいた方が良いケースもあります。



何よりもこれから何年も近所で生活していかなければならない人たちです。無用なトラブルが起こらないよう、事前にできることはしっかりと行っておきましょう。